ICT土工サポート

 国土交通省では建設現場の生産性向上を目的として、ICT技術を活用する取組み『i-Construction』を推進しています。すでに土工、舗装工、浚渫工においてはICT技術の導入が進み、全国各地で取組みが進んでいます。これまでも中小事業者や自治体への適用拡大を目指して3次元データの活用やICT導入について強力に支援がされてきました。

 例えば、1haの現場において従来の方法であれば外業部分で3人×8時間程度必要だったものがドローンやソフト活用するだけで2名×1時間程度で完了し、効率は90%もがあがるといわれています。とはいえ、「測量」「設計・施工計画」「施工」「検査」の全てを導入していくには資金・教育期間・施工現場数・・これらを考えると、導入効果はわかっていてもなかなか踏み切れないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 弊社では、3次元計測(3次元測量)データを作成し、「発注図と現地地形の相違確認」「発注図と線形計算書を元に3次元設計データの作成・提供」「計測データと設計データを重ねて土量計算や新設構造物の整合性の確認」「3次元設計データを元に出来形確認の実施」など、ご要望にあわせたお手伝いをさせていただきます。

 また、災害等発生時の計測サポートもおこなっております。お気軽にお問い合わせください。

 

 ※ 工事基準点の設置はお客様で実施していただく必要があります。

 ※ デモも実施いたします、ご要望の場合はお問い合わせください。

2022年06月01日